マイカーローンの金利の比較について

子供たちが社会人となり独立していったので家庭には私と定年退職した夫がいます。

二人だけの自宅なので特に誰に気兼ねする事も無く悠々自適に過ごす旦那と
近所のスーパーで短時間パートをする日々の私ですが最近マイカーが欲しいと感じるようになりました。

子供が新居を構えて独立したのでそこへ遊びにいく足が欲しいと思ったのですがどういう方法で購入しようか考え、
マイカーローンを利用出来ないかと調べてみる事にしました。

 

60歳を超える私が今更マイカーローンを利用出来るのか不安でしたので
事前にインターネットを使って調べると意外と利用出来る事を知りました。

当然利用するなら少しでも低い利率の金利を利用したいと思ったので友人や金融機関に相談しました。

複数のマイカーローンを調べて金利を比較してみると自分が利用している金融機関が
もっとも低い利率で貸してくれる事がわかり早速利用してみる事にしました。

 

マイカーローンと言っても高額な自動車を購入する訳ではないので審査も案外簡単に進み、
短期間で審査が完了したので早速マイカーローンを使って自動車を購入しました。

多少面倒でしたが金利を比較してみることはローンを利用するならトータルが大きく変わる事もあるのでじっくり検討して良かったと思っています。

私が良いと思ったマイカーローンのサイトは、コチラです。

ダイハツはOEMとしてどんな車を生み出してきたか

ダイハツはトヨタ傘下の企業として、多くのOEM車両を生み出してきています。
トヨタ初の軽自動車ピクシススペースもその一つであり、ムーヴコンテがベースになっているのです。
※ダイハツのムーヴを乗っているなら、自動車保険の見直しをおすすめします。その自動車保険の情報に関しては、こちらがおすすめサイトです。

ダイハツの優れた技術が息づくOEMの車たち

トヨタへのOEM供給で知られるダイハツは、優れた技術により多くの名車を生み出してきました。
中には、ダイハツの名前すら知られずに乗られている車もあったりするのです。

最近で有名なところは、ムーヴコンテとピクシススペースでしょう。
トヨタ初の軽自動車販売となったピクシススペースは、ダイハツからのムーヴコンテの供給です。
名前にムーヴとついていますが、実際には派生型ではあっても別の車であり、形も似ていません。
室内寸法も違いがあり、ムーヴよりかなり小さくなっています。
基本構想的には、前席を優先させた作りになっている点で違う車であるといえるでしょう。

ピクシススペースは、メーカーの差としての差別化をほとんど受けていません。
エンブレムが違う程度で供給されている珍しい例であるといえるでしょう。
それでもトヨタ初の軽自動車でもあり、かなりの販売台数をたたき出すことになったのです。

他にも、パッソとブーンの関係もあります。
OEMではなく、双子車的な関係になります。
共同開発で生まれた車であり、トヨタとダイハツという関係であったからこそできた方式であるといえるでしょう。
このブーンは正式にOEM供給しているのは、実はスバルに対してになります。
スバル・ジャスティになるわけですが、これまではスズキのカルタスやスイフトを供給してもらいあてがっていたのですが、トヨタとの関係が近くなり、ブーンの供給により販売していたのです。

ダイハツはこれから先も、供給元や開発元として、様々な車を生み出していくはずです。
その中には、元の名前も知られず、ひっそりと売られていくものもあります。
しかし、そこには高い技術が生きており、我々ユーザーを支えていってくれるのです。

車の買取店担当者がおかしい

【質問】
相場を知っておこうと、とある中古車買取店に行った時のことです。

ここ

車検を通して数日後だったのですが、
担当者の対応がおかしいのです。

車検に出しているのだから、車検書の原本はあるはずもないのに、ありますか?と聞いて来たり
コピーがあったので、これでできるのでは?、と言えば、できるのかどうかもわからない様子・・

疲れてきたので、ディーラーへ確認したら、
コピーでも査定はできるのだと教えてくれました。
買取店のスタッフでそんなことも知らないことに、ディーラーも??といった様子。

査定額は、希望金額をしつこく聞いてきます。
面倒になったので、ディーラーから聞いていた金額100万から120万くらい、と答えるたところ、
30分以上は待たせて、
答えは100万あたりくらい・・というもの。
次も自分のところで買ってくれれば上がるかも、となんともいい加減な返答なのです。

買取店というものは、どこもこうなんでしょうか?

 

【回答1】
希望金額は、あちらにしてみれば安ければそれに越したことはないでしょう。
下手に低く行ってしまえば、そうなってしまいます。

【回答2】
こういうものに限らず、取引は信用が大切です。
ここはちょっと・・
と感じればすぐに次に行けばよかったのです。

真っ赤なフェラーリこそ愛すべき跳ね馬

フェラーリといえば、世界中から愛されているスポーツカーメーカーです。

跳ね馬のエンブレムが特徴で、数々のモータースポーツで活躍し、多くのドライバーを生み出してきてもいるのです。

フェラーリの象徴跳ね馬

世界から愛されている自動車メーカーは数多くありますが、世界最高級のスポーツカーを生産することでは、フェラーリはその筆頭であるといえるでしょう。
美しいラインを持つ車を作るフェラーリは、跳ね馬のエンブレムでも有名です。
由来は諸説ありますが、フロントには長方形の中に跳ね馬がおり、サイドには盾まで含めた跳ね馬が描かれ、リアには跳ね馬のみになるのが決まりです。

フェラーリといえば、やはりF1は外せないでしょう。
アルファロメオのレーシングチーム部門として発足して以来、エンジンも作りシャーシも作るコンストラクターとして活動しているチームになります。
長い歴史を持っているわけですが、数々の優勝を築き、チャンピオンドライバーを生み出すトップチームとして、世界中から期待され愛されているチームになります。

もう一つの顔としては、ル・マン24時間があります。
ワークスチームとしては、現在は活動しておりませんが、フェラーリとしてプロトタイプレーシングカーを製造し、プライベートチームをサポートしています。
過去には、6連覇するなど、目覚ましい活躍をした時期もありますし、セミワークスとして512BBを投入していた時期があるなど、今でも復帰するのではないかと常に噂されるほど期待をかけられてもいるのです。

スポーツカーメーカーは色々とありますが、フェラーリほど愛されてきた会社もありません。
これからも多くの会社とともに、スポーツカーメーカーとして、真っ赤なボディカラーと跳ね馬は、世界を牽引していく存在になっていくでしょう。

 

愛車のフェラーリがいくらで売れるか調べる方法があります

車を処分するのに、売れるって本当ですか?

車は廃棄処分するのにお金が必要になりますが、
そういった費用を出さなくても買い取ってくれるところが多くあります。
分解して売ることもありますし、原材料に戻す処理をされることもありますが、
価値が残っているものなのです。

車は処分にお金をかけずに売るべきである

車はどんなに頑張っても人間が作り出したもので、いつか壊れる日が来ます。
直せている間はいいですが、致命的な故障などで処分しなければいけないこともあるのです。
動かなくなってしまい、処分方法しか選択できない時、解体費用のようにお金を支払って引き取ってもらうことになります。
しかし、お金を払うのではなく買い取ってもらう方法も実はあるのです。

感覚的に動かない車は、買い取るところなどないかと思うはずです。
ところが、一般の買取店でも、どんなものであっても1万円という定額買取を掲げているところもありますし、動かない車を専門としているところも存在します。

どうしてこういったことが起きるかといえば、車はパーツに解体して売ることもできます。
仮にエンジンが動かなくても、シートがしっかりしていれば解体して売ることもできますし、ハンドルなどだけでも売れたりするのです。

さらに、それもできないとしても、車には様々な金属がつかわれており、原材料に戻すことによって、価値をよみがえらせることもできます。
これはどこでもできることではなく、専門の解体業者にゆだねられることになりますが、動かなくてもしっかりと価値が残っているのですから、買取店に処分を相談するべきなのです。

 

マイカーを売る時

マイカーを売る時、1社のディーラーによる見積価格で決定せずに、
いくつかの査定価格を比較する場合だと、
相当買取価格の提示額が変わる事だってあり得ます。

大まかに言って車検の代金は法定費用と、
点検整備費及び車検代行費といった代行してもらう業者に支払うべき代金の2つがあるのをご存知ですか?
所有日数が長くなったり1キロたりとも走行距離が伸びたら、
間違いなくその車の価値は低くなるのではないでしょうか。

当然のことですが、車検後にまだ乗り続けると自動車の価格は低くなってしまいます。

世の中には中古車に関する情報があって、
その相場ができているものの、
業界ではできるだけいい中古車を入手するために競い合いをしているから、
最終的に買取価格にも格差が出てくるようです。

マイカーを買い替える際のポイントは中古車の買取相場ですね。

中古車だけについてというわけではないのでしょうが、
これから売りたいと思っているものの相場価格を把握していないようだと現実的に失敗する可能性さえあるでしょう。

車によっては車検に通すより車を買い替えるほうが安上がりになる事だってあるでしょう。

よって、車検が迫った時期はマイカーの買い替え時期であると思っていると良いでしょう。

車が安全基準に該当していることを証明している書類が車検証であって、
車検対象の自動車の車検証には対象車についての情報などが載っているようです。

車検だけを実施している車検というのは作業工程を合理化して作業を簡潔にすることができ、
低価格に成功しているのだと思います。

車の持ち主が受ける車検をユーザー車検と呼んでいて、
予約さえすれば全国に所在するどの運輸支局に関わらず、
ユーザー車検などは受検することができるから便利でしょう。

もしも、あなたの車検の有効期限が切れていると、
名義替えをしたくても受け付けてもらえないでしょう。

そういう場合は取りあえず先に車検をした後で名義を変えるという方法をとることになるでしょう。

整備工場をはじめ、車検チェーン店、
その他車検を代行する店に車検について作業してもらうのと、
ユーザー車検を実施する場合と、
それぞれ書類が異なるんです。

車の走行距離というものは、言ってみれば、
車のコンディションを示すバロメーターの役を担っていて、
従って距離が短めだとコンディションは一層良いはずです。

車検費用は業者によって違いが出てくるのは、
車検の基本料金というのが違うからでしょう。

また、点検整備などをどのくらいやってもらうか、
どんな消耗品や部品を用いるかによっても代金は異なるはずです。

しばしば、買取価格は査定人や業者によっては相当額の価格差が出ることもあって、
ディーラーに太鼓判を押されても、
査定が適正価格とは言い切れません。

大型車が必要ではなくなって、
小さ目の車に買い替えをすればコストを抑えられます。

なので、子どもが自立して夫婦2人だけになったりした時も自家用車の買い替えを行う時期ですね。